村役場の楼上

[#7字下げ]1[#「1」は中見出し]

「ごらんなさい。あの男ですよ」 村役場の楼上で老村長と対談中の鮫島校長は早口に叫んで荒涼とした高原を指さした。 なだらかに傾斜する見果てない衰微。白樺の葉は落ちて白い木肌のみ冷めたい高原の中を、朽葉を踏み、紆《めぐ》るやうに彷徨ふ人影が見えた。「毎日あ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:35 pm  

生活を心の底からエンジョイすることを知らず

 イジイジコセコセと変に固苦しく、生活を心の底からエンジョイすることを知らず、自分の感情を思う存分に托する歌一ツだに持たず、狭い自分達の箱の中でお互いに角つき合い、眼くじらを立て、低能児をやたら生産し、金力と腕力を自慢にする他になに一ツ能がなく、他人の生活をやたら干渉し、自分の人生観がなく、弱い者を...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:34 pm  

僕のおふくろ

 大杉君もかなりオシャレだったようだが、野枝さんもいつの間にかオシャレになっていた。元来そうであったかも知れなかったが、僕と一緒になりたての頃はそうでもなかったようだ。だが、女は本来オシャレであるべきが至当なのかも知れぬ。しかし、お化粧などはあまり上手な方ではなかった。 僕のおふくろが世話をやいて...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:33 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0142 sec.

http://webtertainment.tv/