新潟県上越市

新潟県上越市を、ご存知ですか?

詳しく知らないんで、調べてみました。

上越市は、新潟県南西部(上越地方)に位置する都市で、施行時特例市に指定されており、新潟県内では第3位の人口を擁しますよ。

上越市は、新潟県上越地方で古くから相互補完の関係を築いてきた高田市と直江津市が、1971年(昭和46年)4月29日付で新設合併して発足しましたよ。2005年(平成17年)1月1日付で市域周辺の13町村を編入合併し、市域は合併前と比較して面積が4倍となり佐渡市(佐渡島)を超えましたよ。

上越市は新潟県内の市町村で3番目の人口規模を有し、13町村の編入合併時には人口約21万人を擁していましたよ。しかし、近年は少子高齢化と社会減による人口減少が著しく、合併以降は年間1000人前後の減少が継続しており、推計人口は2013年(平成25年)4月1日時点で20万人を割り込んでいますよ。

上越市は東の新潟市まで133km、西の富山市まで139kmの場所に位置しますよ。日本海に面しており、夏には内陸の長野県方面からの海水浴客が多く訪れますよ。

上越市は律令時代には越後国の国府が置かれ、戦国時代には長尾景虎(上杉謙信)に代表される長尾氏(上杉氏)が春日山城を居城としたため城下町として栄えましたよ。江戸時代には高田藩の藩庁高田城が置かれましたよ。

上越市内の大部分の地域は、豪雪地帯対策特別措置法に基づき特別豪雪地帯に指定されていますよ。

平野として、高田平野、山として、春日山、金谷山、米山、丘陵として、東頸城丘陵がありますよ。

川として、(関川水系)関川、新堀川、保倉川(柿崎川水系)姉崎川がありますよ。

上越市内全域では積雪量に大きな差があり、高田などの内陸部や安塚などの山間部は多く、直江津や大潟などの沿岸部は比較的少ないですよ。

上越市域に本社を置く主な企業として、有沢製作所、イチコ、上越信用金庫、大島農機、頸城自動車、ポラテクノ、山本味噌醸造場、インペックス ロジスティクス、ウエタックスがありますよ。

上越市域に製造拠点等を置く主な企業として、信越化学工業、新日鐵住金、日精樹脂工業、日本曹達、三菱化学ハイテクニカ、新潟太陽誘電、サンリン、JCU、S&Bガーリック食品がありますよ。

上越市の鉱業については、2000年代前半、直江津港北東沖で海底表面にメタンハイドレートが露出している海域が発見されましたよ。海底面上にあるメタンハイドレートが発見されたのは東アジア周辺海域では初めての事でしたよ。その後2004年(平成16年)7月に実施された共同調査では、日本海側で初めてメタンハイドレートの天然結晶サンプルが採取されましたよ。

2005年(平成17年)1月以前の上越市の旧市域は、大きく分けて旧高田市にあたる高田地区と、旧直江津市にあたる直江津地区の南北2地区となっていましたよ。旧市域は両地区を中心とした相互補完の関係の下で発展を遂げてきましたよ。

上越市は合併に際し、歴史や特性の異なる2つの地区を融和する必要性から、双方の中心部のほぼ中間点に位置する旧高田市北部の春日地区に市役所、ホール、体育館等の公共施設を整備し、新たな都市核の形成を目指す方針が取られましたよ。

以後、春日地区は市の行政機能の集積地となり、併せて都市基盤整備が著しく進み、複数の都市核を有する複核型都市となりましたよ。

上越市の春日地区では市役所木田庁舎や春日山駅、北率自動車道の上越インターチェンジなどを中心に市街地化が進み、かつ市域南北を縦貫する国道18号の上新バイパス、上越大通り、山麓線などの幹線道路沿線にあたる地区でも、道路交通の利便性を活かして大型ショッピングセンターやロードサイド型店舗が数多く出店し、住宅地開発も進捗していますよ。

2005年の編入市域合併以降、上越市内28自治区で人口が増加しているのは春日区・新道区・有田区・金谷区・三郷区の5区のみですよ。

上越市にある大学として、上越教育大学、新潟県立看護大学がありますよ。

上越市にある複合施設として、リージョンプラザ上越がありますよ。

上越市にあるスポーツ施設として、上越市総合体育館、上越市立オールシーズンプール、上越市BMX場(金谷山公園内)、直江津海岸ビーチバレーコート、上越市高田公園弓道場、上越市高田スポーツセンター(競技場、柔道場、相撲場)、上越市高田公園陸上競技場、上越市高田公園野球場、上越市高田公園庭球場がありますよ。

上越市にある文化施設として、上越文化会館、上越市市民交流施設高田公園オーレンプラザがありますよ。

上越市にある図書館として、上越市立高田図書館、上越市立直江津図書館がありますよ。

上越市にある美術館として、かやぶき美術館、小林古径記念美術館がありますよ。

上越市にある博物館・科学館として、上越市立水族博物館、高田城三重櫓、日本スキー発祥記念館、上越市立総合博物館、上越科学館、前島記念館、坂口記念館がありますよ。

上越市にある学習施設として、直江津学びの交流館がありますよ。

上越市にある文化財として、小林古径邸がありますよ。

上越市にある防衛施設として、防衛省陸上自衛隊(高田駐屯地、上湯谷射場、関山演習場)がありますよ。

上越市にある研究施設として、北陸研究センター(農業・食品産業技術総合研究機構の内部研究所)がありますよ。

上越市にあるマスコミとして、上越ケーブルビジョン(ケーブルテレビ)、上越市タイムス社(新聞社)、上越市有線放送電話協会(有線放送)、ジャックランド(雑誌編集社)がありますよ。

上越市にある鉄道として、JR東日本(北陸新幹線、信越本線)、JR西日本(北陸新幹線)、北越急行(ほくほく線)、えちごトキめき鉄道(妙高はねうまライン、日本海ひすいライン)がありますよ。

上越市にある路線バスとして、頸城自動車、頸北観光バス、東頸バス、くびき野バス、頸南バスがありますよ。

上越市にある高速バスとして、県内路線(頸城自動車、越後交通、新潟交通)、県外路線(頸城自動車、越後交通、西武バス)がありますよ。

上越市は新潟県南部の交通の要衝のひとつで、北陸各地や東北地方などの日本海側から、甲信地方などの内陸部や、関東地方や東海地方などの太平洋側を結ぶ経路の結節点となっていますよ。

上越市にある高速道路として、北陸自動車道、上信越自動車道がありますよ。

上越市にある道の駅として、雪のふるさとやすづか、よしかわ杜氏の郷、うみてらす名立がありますよ。

上越市にある港湾については、市域の海岸部のうち、直江津地区から頸城区にわたる地域が直江津港の港域となっていますよ。重要港湾、特定港に指定されているほか、日本海側拠点港のうち液化天然ガス部門の拠点港として新潟港と共に指定されていますよ。

上越市にある航路として、佐渡汽船(直江津港 – 小木港(佐渡市))がありますよ。

上越市にある観光地として、五智国分寺、林泉寺、浄興寺、高田城跡、高田公園、直峰城、春日山城跡、小林古径邸・小林古径記念美術館、旧第四銀行高田支店建物、旧直江津銀行本店建物、朝市、鵜の浜温泉、ゑしんの里記念館、御館、福島城(越後国)、日本スキー発祥記念館、金谷山スーパーボブスレー、地すべり資料館、地すべり人柱供養堂がありますよ。

上越市にある祭事・催事として、観桜会、上越まつり、謙信公祭、上越はすまつり、朝市感謝祭、越後・謙信SAKEまつり、上越菊まつり、レルヒ祭、灯の回廊がありますよ。

上越市の郷土料理として、おぼろ豆腐、魚の煮物(深ざめの煮こごりほか)、里芋なます、ずいきの酢漬け、笹寿司がありますよ。

上越市の特産品として、ぴりっ子(神楽南蛮(ししとうがらし)を使用した、歴史が古い辛味調味料)、上越コシヒカリ(米)、くびき牛、えだまめ、越の丸なすがありますよ。